アルファーで山登りを始めましょう!

アルファーフォトアルバム

フォトアルバム一覧に戻る

木曽川水系 柿其川 岩倉川樽ヶ沢 1

2020年8月9日

合宿(2)の南安倍が合宿としては中止になったので、当日集会にいらしていた方中心でレンタカーでどこかいいところに移行で始まった企画。最初は、上越の西ゼンや東北のキレイないい沢を考えていたのですが、まさかの台風の影響で天気が悪い予報でした。最終的に決め手となったのは、普段では行けない良い沢。関東起点沢登りルート100に、ポツンと異質の紹介をされていた、柿其川の支流の岩倉川樽ヶ沢へ。とても充実した沢山行になりました。

撮影者:大野

フォトアルバム写真
入渓点の最初の滝。結構いい水量で、テンションが上がります。右側に回り込み、石壁に沿って右側を登ります。

フォトアルバム写真
入渓点の写真。奥に見えるのが、岩倉林道。ゲートの前に3台分の駐車スペースがありますが、転回する余裕がなく、実質2台ぐらいしか置けない。ゲートから入って、2番目の橋で、右岸から入渓。最初の橋と書いてある記録もあったが、そこは奥多摩かと錯覚する小さな沢。間違って入渓して30分もロスしてしまった。入渓を間違えたのは小川谷廊下に続いて2連続。

フォトアルバム写真
F2 (2段3+7m)の2段目。結構な水量で、水流から離れて左を登る。

フォトアルバム写真
F3(6+2条25x30m)。ルート100で(1)の滝。少し戻り、右を巻く。

フォトアルバム写真
2条25x30mの滝の真下。左側の方が水流が少なくこちらを登る。大野がリードし、カムとナッツで中間支点を取る。事前の練習もなく、ぶっつけ本番でしたが、なんとか登れて一安心。皿澤さん、回収ありがとうございました。30mの補助ローブでは長さが足りず、少し登ってもらって対応したとのことです。

フォトアルバム写真
F3丈夫の岩の上で、小休止。少しずつ霧が晴れてきました。

フォトアルバム写真
F4 滑滝10m。

フォトアルバム写真
F5トイ状の滝5x7m。淵を右から回り込んで落口を跨ぎ、水流の左側から登ることができるが、後続は無理をせず右から巻く。とても綺麗な滝に癒されます。

フォトアルバム写真
F6 2段5mの上部は、滑になっている。茶色の部分は、ラバーでは面白いくらいに滑る。

フォトアルバム写真
F7 10mCS。ガイド本(2)の滝。右から巻く。

フォトアルバム写真
F8 2段30mを上から覗き込む。かなりの水量なので、全く登れる気がしない。水量が少ない時は滑りが強く、登攀は要注意とのことだ。

フォトアルバム写真
F11 4x6mの滑滝 とても綺麗で、飽きない。

フォトアルバム写真
F11の滑滝を歩く。



↑ PAGE TOP