アルファーで山登りを始めましょう!

天空の楽園 雲ノ平縦走(アルファー女子部編)

こちらはアルファー女子部編です。乙女の恥じらいで写真はちょっとちっちゃめで勘弁してください


北アルプス三大急登、ブナ立尾根を、元気に登る(笑)



烏帽子小屋前の花畑で。白花のコマクサ



小雨が降り、強風が吹く稜線。何とか合間を見て、烏帽子小屋を出発



コマクサが咲き乱れる中進む



雨も上がり、コマクサに癒される





野口五郎小屋まで天気、何とか持ってくれ!!!



野口五郎小屋を出発!



景色がとってもよいと聞いていたのに、何も見えない野口五郎岳山頂





水晶小屋までは何とかいける?



7月なのにマツムシソウがお目見えでした



どんより曇り空の下、ようやく雲ノ平小屋が見えた!でも、本当はその前にキャンプ場で荷物を置く予定だったけど、入り口が見付けられず・・・



ちょっと天気が回復したので、念願の雲ノ平の散歩に出る



何と水晶岳も見える!



雪渓にまったく踏み跡がなく、完全に木道を踏み外した祖母岳。池塘が点在するお花畑は最高でした!



雨が上がったので、ようやく出発。雲ノ平からまずは雪渓を登る



ちょっと天気が良くなってきた?



祖父岳への登り。早朝の登りはきつい(>_<)



祖父岳に着いたら青空が広がり、テンション上がって、背後に見える鷲羽をイメージしてみた。



今度は水晶をイメージ(笑)



本日の目的地、黒部五郎はまだまだ遠い・・・



やっぱり鷲羽してみたが、じつは「ワリモ岳」だった(^_^;)



で、こちらが鷲羽岳。でもなぜ鷲羽と名づけた?



ワリモ岳を越して下って鷲羽岳に向かう。天気は絶好調だ!



鷲羽岳への登り。登りは早朝じゃなくても、やっぱりきついね~(>_<)



今回唯一通った(笑)百名山、鷲羽岳山頂。本当は3座の予定だったけど・・・。



池の前で、池を作ってみました。遠くに見えるは、北鎌尾根と槍。そして色が気になる硫黄尾根。



三俣山荘と三俣蓮華岳



山で何を思う二人ぞ



双六山荘まで、雪がなければ下に見える道をたどるのが早いらしいが、今年は雪が多くて雪渓を通るのは危険と言われ、尾根通しで進む



とりあえず三俣蓮華岳で







双六岳手前で、黒ユリの群落に出合う



今日は寝不足の8時間で、一日長かった!ようやく本日の宿泊地、双六山荘が見えた!



のんびり、お茶する



鷲羽岳をながめ、「今日はずいぶん遠くまで歩いたものだ」としみじみ思う



ヌマさんにお借りしたステラリッジ。平日なのでテントは少なめでしたが、半分はステラリッジでした!



朝焼け



4日目にしてようやく朝日を拝める



あとは下山だけとのんびりしていたら、一番最後の出発だった(^_^;)





雛がそばにいるので、警戒されている





鑑平が見えてきた!



鑑平で一休み



鑑池に穂先が移るかと思ったら、微妙~





鑑平以降は、樹林帯に入る。暑い・・・



林道沿いに、なぜかオオヤマレンゲだけは看板がいくつも掛けられていた



4日間の汗を流し、ようやく有りついた至福の一杯。お疲れ様でした~!



↑ PAGE TOP