アルファーで山登りを始めましょう!

アルファーフォトアルバム

フォトアルバム一覧に戻る

五竜岳定着(春合宿2019)

2019年4月28日~2019年4月30日

当初の予定では、下山したら「令和」になっている予定でしたが、30日の天気が悪く、G2でおなかいっぱい、かつ疲労も蓄積してたので、1日早めての下山となりました。

撮影者:大野

フォトアルバム写真
テレキャビン、リフトと乗り継ぎ、スキーヤー・ボーダーと並んでアイゼンを装着。

フォトアルバム写真
28日、西日本、中部日本で広く観察された、環水平アーク。写真は、小遠見のトラバースの分岐地点。

フォトアルバム写真
白岳沢の谷底に降りるところ。ここが結構緊張した。やっぱり、トラバースが一番大事で、怖い。

フォトアルバム写真
A沢を直登して、アプローチ。雪質に恵まれ、それほどきついラッセルではなかった。

フォトアルバム写真
沢底から100m程度登ったところで、先を見上げる。まだはるか先だ。

フォトアルバム写真
A沢のBルンゼへの取り付きに向かう。慶一さんが書いているように、Bルンゼをパスして、前方の岩を右から回り込み、Cルンゼに取り付いた。

フォトアルバム写真
Cルンゼを登り、藪を抜け、ハイマツと雪渓を抜けると、岩稜帯に出る。ここからのまさしさんのパワーがすごい。どんどん姿が小さくなっていく。

フォトアルバム写真
岩稜帯を登りきると、雪渓に囲まれた中洲のようなハイマツ帯を登り、ガレ場にぶちあたる。画面左下の人影がまさしさん。右上がG1の岩稜帯。

フォトアルバム写真
ガレ場の岩稜を登りきると、反対側にストンと切れ落ちたリッジに突き当たる。雪渓をトラバースし、ピークを登るトレースがついていたが、この時点で疲労困憊。メンバー全員の通過は困難と判断して、50m下方の傾斜の緩いハイマツ帯をトラバースして、急な雪渓に出る。この部分で、はじめてルーファイをしたが、フィックスの支点構築でご指摘をいただいた。こういう練習はもっと積極的にやらなければ、と反省。写真は、最後の雪渓を登るまさしさん。次いで、仲山さん、慶一さん、青木さん、中村さん、大野と続く。

フォトアルバム写真
最後の雪渓を登り終えた所。反対側があまり切れ落ちてなく、ちょっと安心する。

フォトアルバム写真
ガスの中から印象的に、鹿島槍の双耳峰が見えた。

フォトアルバム写真
G2中央稜、最後の岩稜帯。ここは穂高の岩稜帯と似たようなものと、慶一さん。

フォトアルバム写真
どれがG2のピークだったのかよく分からなかったけど、多分ここ。五竜岳の頂上方向はまだ遠い。ここから、登山道に合流し、休憩してから下山。しかし、本当の核心は、G1直下の鎖場辺りにある一般登山道のトラバースだった。



↑ PAGE TOP