アルファーで山登りを始めましょう!

アルファーフォトアルバム

フォトアルバム一覧に戻る

2018年夏合宿_剱岳八ツ峰Vi峰Cフェース_入山日と2日目

2018年8月10日~2018年8月15日

仕事を終えた8月10日、午後9時に集合し、全員揃ってから2台に分乗し、富山へ。
渋滞に詰まり、立山駅に着いたのは午前8時を回っていた。幸い天気が思わしくなかったので、観光客は少なく、スムーズにケーブルカーに乗車することができた。日頃の行いの良い7人は、室堂に着く頃には晴れ間ものぞき、テンションアゲアゲで、真砂沢に向かったのでした。

撮影者:大野

フォトアルバム写真
雷鳥沢で、ますます強くなる日差しに徹底ガード。

フォトアルバム写真
劔沢のテント・サイトに到着。劔だけが、どーんと迫ります。八ツ峰方向はガスに覆われています。

フォトアルバム写真
真砂沢のベースキャンプ。8人用テントを担いできました。奥に見えるオレンジのテントは、別パーティ。

フォトアルバム写真
はやる気持ちを落ち着かせて、12本歯のアイゼンを着用。長次郎雪渓へ。

フォトアルバム写真
長次郎雪渓の出会

フォトアルバム写真
息を切らして、長次郎雪渓を登る。左に見えるのが、熊ノ岩。この上部にテントが5張ほどありました。昨年の劔縦走は、こちらでもテント泊したと聞きました。

フォトアルバム写真
ようやく、取付きへ。ここからガレた草地を登って、VI峰Cフェースの取付きへと向かいます。

フォトアルバム写真
Climbing! 先行パーティがいて混んでいたので、剣稜会ルートに2つのパーティー、RCCルートに1パーティーと別れて登ります。

フォトアルバム写真
剣稜会ルート1P目。ホールドも、スタンスも十分にあり、余裕を持って登れます。

フォトアルバム写真
1P終了点で、1時間以上の待機。最初は行動食を食べる余裕がありましたが、すぐにやることがなくなり、まさかの昼寝。不十分な体勢なので、疲れが蓄積するばかり、これが後になってこたえました。後から首都大の二人が登ってきましたが、超諦めムード。2P目は、正直あまり記憶なし。2P終了点のバンド帯で待機中に雨に打たれ、テンションも低下。3P目は途中浮石があって、チョットどきりとしましたが、難なくクリア。先行パーティーがもたついていた理由が全然わからない。でも、黙って見守るしかないよねぇ。3Pの終了点はとても狭く、カムを使ってセルフ・ビレイをとるなどして、なんとか3人のスペースを見つける。写真はそんな不十分な体勢で撮影したもの。ここでも、長時間待つ。待ちくたびれた。

フォトアルバム写真
剣稜会ルート最大のハイライト、ナイフリッジ!!高度感もあって、素晴らしい!の一言。ナイフリッジに手をかけて、手頃なスタンスに足を乗せる。少しだけ落ち着いて岩肌を見れば、難なくクリアできる。フリークライミングの成果が、こんなところにも出た。写真はRCCルートで先に終了点に到達していた別パーティーが撮影したもの。

フォトアルバム写真
4P終了点のビレイヤーから見た写真。このパーティーの時はガスが濃い目。でも、ちゃんと高度感はあります。

フォトアルバム写真
4P目は、目の前の壁を登ったと思ったら、いきなりナイフエッジになります。で、私は馬乗りに跨いでしまい、リードのビレイヤーの大先輩に、どうやって進んだらいいのですか?と聞いてました。

フォトアルバム写真
写真では分かりづらいですが、ステップも、ホールドも探せば豊富にあります。なので、落ち着けば難なく通過することができました。

フォトアルバム写真
そして、終了点に到着。急いで確保し、ビレイして、先輩を迎えます。

フォトアルバム写真
こちらは、RCCルート。合図は笛で。剣稜会ルートからはほとんど見えず、笛の音のやりとりが微笑ましかったです。が、ルートを途中見失っていたとのこと。どきりです。

フォトアルバム写真
全員登りを満喫し、さ、帰るべ!と下降路を行きますが、、、まさか、また渋滞に巻き込まれるとは!!



↑ PAGE TOP