アルファーで山登りを始めましょう!

アルファーフォトアルバム

フォトアルバム一覧に戻る

朝日岳東南稜1

2017年9月16日

この3連休、当初予定は、飯豊山塊の七滝沢に沢登りに行く計画でしたが、台風接近により、逃げ場のない沢に入るのは危険と判断、行き先を日帰りできる場所ということで、那須の大沢右俣に変更。しかし、ここは日帰りとはいえ、下山路が長いのでヘッデン行動になる可能性も大、というところ。そんな折、天気予報が午後早い時間から雨が降るかも、ということになったので、もっと速くぬけられるはずの、大沢のお隣にある井戸沢に変更をしました。
しかし当日、この井戸沢の取り付きの駐車スペースまで入り、車を降りて装備開始しようとしたところ・・・とても寒い。そして湿度100%か!と思うほど濃いガス。山の中だし、いつ雨が降ってもおかしくないし、とにかく寒い。ということ、多数決の結果、朝日岳東南稜に行くことになったのでした。
サンダルのみでアプローチシューズを持って行かなかった私はラバーの沢靴で赴きましたが、足裏感覚よくグリップも効く沢靴は岩凌歩きに快適でした。

撮影者:鈴木(琴)

フォトアルバム写真
7時半頃だったけど、駐車場は一杯。奥の大型用スペースに2台縦列で駐めました。

フォトアルバム写真

フォトアルバム写真
奥が一般登山道、手前が東南稜。

フォトアルバム写真
まずはザレた高山植物エリアを下る。下にある堰堤上にケルンぽいものが見えたのでそこをめざしました。

フォトアルバム写真
しかし、近づくとケルンではなくて三角形の落石であることが発覚。もっと下に下った方がよかったみたい。

フォトアルバム写真

フォトアルバム写真
さらにその下にある次なる堰堤を越える。そこからヤブを左上し、薄い踏み跡をたどって東南稜上に乗る。

フォトアルバム写真
堰堤で装備中の皆様。私は駐車場でギア装着してきたので早めに登りあげて待ちました。

フォトアルバム写真

フォトアルバム写真
「門」とよばれるらしい、ギャップ。懸垂箇所。

フォトアルバム写真
ルーファイしながら登る。

フォトアルバム写真
懸垂中。わたくし、トップで降りたらハング上に降りてしまい、ルート回復のため右に移動したら振られてグルリン。このための?備えとしてバックアップとってから問題なしエヘ。

フォトアルバム写真
ギャップの先もガレガレ登り。

フォトアルバム写真

フォトアルバム写真
もうすぐピーク。



↑ PAGE TOP