アルファーで山登りを始めましょう!

アルファーフォトアルバム

フォトアルバム一覧に戻る

鋸岳~甲斐駒縦走vol.2

2017年7月15日~2017年7月16日

続き

撮影者:鈴木(琴)

フォトアルバム写真
鎖の付いた小ギャップの下降。「せっかくロープ持ってきたから」ということで懸垂下降。複数人だったら懸垂のが早いと思うけど、一人だったら鎖掴んで降りた方が早かったかなあと思いつつ。せっかくなんでw

フォトアルバム写真
で、向かいの壁をフリーで登ったあとの細リッジ。早めに左側に降りちゃえばよかったけど、進んでしまったので無駄にフリーでクライムダウンの刑。

フォトアルバム写真
有名な鹿窓。感慨を感じることもなく、このあとのルートに不安いっぱいな心境でした。あーあ、とうとうここにきちゃったよ、的な。

フォトアルバム写真
いろいろ予習をしてきたし、ありがたかったのは天候良くルート視界はばっちりだったのだけど、結果的にこの細バンド歩きが恐怖この上ないものでした。靴幅もないようなバンド、手は、壁が脆くかけられず。落ちたら死ぬし。2~3歩が核心なんだけど。一人だからか余計に怖かった。

フォトアルバム写真
その恐怖バンドを向かいから見たところ。

フォトアルバム写真
大ギャップルンゼ渡りは、赤マークなど見つけられたので、足を運びやすいところがわかりました。この後はずっと、もうルーファイ的に恐怖箇所はまったくなしで。

フォトアルバム写真
第2高点。

フォトアルバム写真
ルーファイの問題はなかったけど、中ノ川までのザレ下りは太腿に辛いものがありました。

フォトアルバム写真
反対からくるパーティと、情報交換などしたり。

フォトアルバム写真
振り返って、中ノ川から第2高点までのザレをのぼるパーティ。昨年夏の、長治郎の頭付近のルートを見ている気分を思い出しました。よく、まあ、あんなところを、的な。ワタクシも通ったわけだけど。

フォトアルバム写真
六合岩小屋付近の砂地。ここから水場に10分ほど往復の道は、ある意味で第2の核心。疲れた体に超つらかった!!

フォトアルバム写真
その水場は、ジョウゴにホースが備えられていました。活用させていただきました。南アルプスの名水、葉っぱが混じったけどおいしかったよ!



↑ PAGE TOP