アルファーで山登りを始めましょう!

アルファーフォトアルバム

フォトアルバム一覧に戻る

2017春合宿 突坂尾根1

2017年5月2日~2017年5月5日

初日から停滞(優雅な温泉)でのスタートとなった合宿。仕切り直してスタートすると、優雅な温泉気分があっという間にぶっ飛び、激しいヤブ漕ぎ、厳しい雪稜歩き、切り立った雪壁登り&トラバースが繰り返される、雪山バリエーションの満載感この上ない山行でした。もちろん、雪原の雄大な美しい絶景も堪能しました。
猫又山付近までは、おそらく、しばらくは誰も踏み行っていないのだろうと思われます。全日とも好天のGW、どの山も混雑しているであろう中、我々二人だけの世界を贅沢に楽しんできました。

撮影者:鈴木(琴)

フォトアルバム写真
地鉄滑川駅。無人駅。一面の単線で、誤って5分早い逆方向の電車に乗ってしまった!!終点上市駅で逆に乗り換え、なんとか予約したトロッコに間に合いました。

フォトアルバム写真

フォトアルバム写真
大雨。停滞決定。テント場なく、黒薙温泉に宿泊!ちょっとうれしい。

フォトアルバム写真
雨が弱くなったところで偵察へ。翌日、この橋を活用して対岸に渡ることになる。

フォトアルバム写真
対岸方向を眺める。見えづらいが、コル部分にある鉄塔をまずはめざし、そこから尾根をめざす。

フォトアルバム写真
宿の夕飯。素泊まりでよかったのに、素泊まりはやってないそうで。

フォトアルバム写真
さ、仕切り直してスタート。スタート地点は標高260mほど。ゴール白馬は3000mか遠いな。

フォトアルバム写真
きわどいところ、ロープ付ける。

フォトアルバム写真
鉄塔からもヤブ漕ぎ続き。標高800m付近で突坂尾根主尾根に登るまで、やらしい感じのヤブ道。

フォトアルバム写真
標高1200m付近からようやく雪が。

フォトアルバム写真

フォトアルバム写真
突坂山の下側に、場所選び放題のビバーク地がありました。

フォトアルバム写真
2日目は、最も厳しいルートだったかも。長い長い、スノーリッジ歩きとか、

フォトアルバム写真
雪壁登りとか。短いところも長いところも、繰り返し。

フォトアルバム写真
細いリッジ、しかも割れそう、しかも急斜面をだましだまし下るところ。フリーで、怖~。

フォトアルバム写真
突坂山先の急なコルには、懸垂で降りた。途中、降り方向間違え、若干の登り返しを要したりなど。ルート探しが難しい。

フォトアルバム写真
コルからの登り返し。雪稜が切れて藪突入など。

フォトアルバム写真
そしてまたスノーリッジ。藪とリッジ歩きの繰り返し。



↑ PAGE TOP