アルファーで山登りを始めましょう!

アルファーフォトアルバム

フォトアルバム一覧に戻る

雪訓@西黒尾根入り口付近

2017年1月15日

寒波来襲、大雪の中、移動も大変でしたが短時間の雪訓敢行、でした。
わかん歩きに腰高新雪ラッセル練習、雪上確保の技術。
寒くて寒くて。ま、寒さ対応も訓練の一環てことでしょうか。それと細かい話しながら、メガネの凍結&曇り対策とか、手足指先の冷え対策が行動にはけっこう影響を及ぼすので、それもまた考えましょう、てことが残課題でした。

撮影者:鈴木(琴)

フォトアルバム写真
大雪で高速道路の速度規制などで苦労しながら9時過ぎにロープウェイ駐車場着。暖かなところで菅沼さんから机上講習的な装備などの説明をいただいたのち、寒ーい外に出たのは10時過ぎてたかな。

フォトアルバム写真
踏み跡があるも、踏み抜きがちな道を進むのでした。写真下でつぶれているのはタケさん。

フォトアルバム写真
わかん練習やラッセル練習(←まじきつかった、まったくコツがつかめず)は余裕なく、わたくしの写真はございません。誰か撮ってくださってたかなあ。それすらも余裕なく。菅沼さんはもとより、佐藤よさんも超楽々登ってたのは覚えてる。で、この写真は、雪上確保技術訓練で、ピッケルを丁の字に埋めたところ。

フォトアルバム写真
ピッケル埋めは強い。今回、荷重係は重量級w欣さんがすべて担ってくださいました。この写真は佐藤よさんだけどもw。

フォトアルバム写真
次にスノーピケットだかスノースティックだか、統一の名前がないというこのギア。ギアの谷側には「山」、山側には「谷」という菅沼さんのメモあり。雪面に対しての埋める向きが大事とのこと。要するにギアのとんがったほうを谷側に向ける、ということでした。

フォトアルバム写真
若干、雪面の谷側に傾斜させながら埋める。17度ほど倒すらしい。

フォトアルバム写真
これもなかなか強力。見た目に反し、と思ったのはワタクシの感想。

フォトアルバム写真
次のギアは、デッドマン。こいつがやばかった。

フォトアルバム写真
はい、欣さん滑落。デッドマン、いろいろ埋め方をためしたけど、抜ける抜ける。要となるのは、本体の角度の問題ではなく、ワイヤーの埋め方の問題でした。

フォトアルバム写真
ワイヤーが荷重方向に対して正しい方向になるようにきちんと掘って埋める、というのが正解でした。そうすればきく。実はこの間、わたくしは寒すぎて斜面の登り下り運動に励んでいたので、説明を聞いただけでほんとの正解シーンはきちんと見てません。誰か写真と解説お願いします。

フォトアルバム写真
そして、最後に、スタンディング・アックスビレイ。ピッケルに30cmスリング(60cmの折り返しでも)をひばりでつなぎビナを付け、埋める。

フォトアルバム写真
このわずか15cmのスリングを、アイゼンの土踏まずで刃で踏まずに上手に踏み、荷重する。今回はアイゼン装着しなかったけども。

フォトアルバム写真
で、ビナにロープを通して、肩がらみ確保。踏んだ足側の肩にロープを掛ける。でも、最新の岳連方式では、両足の間にビナが来るように踏み、ロープが斜めにならないように直上の肩に掛けることが大事、とのこと。

フォトアルバム写真
それで、欣さんのちょっとした衝撃荷重にも耐えられてました。ワタクシが試したら思わぬ衝撃に、一度からだがつぶされてしまいましたが、正しい姿勢を教わったら、欣さんの衝撃にもなんとか耐えられました。きちんと体を起こした(前傾させずに)姿勢を保つことが大事、とのこと。ロープを出し気味にしてダイナミックビレイにしないと実際は厳しいっぽいけども、できるかなー。

フォトアルバム写真
14時頃下山、という予定でしたが、あまりの寒さに耐えかね、スタンディングアックスビレイが一連終わったら早々に下山。登り時のトレースは、3時間弱しか経ってないのに消え失せてました。大雪すぎ!寒いわけだ。

フォトアルバム写真
車道に出てからは滑りまくり。一緒に歩いていた欣さんと佐藤よさんが、ころころと滑っていて大笑い。わたくしは転ばなかったもんねエヘw

フォトアルバム写真
ようやく平和の地。短時間だったけどたいへん勉強になりました。新雪ラッセル登りが個人的な残課題。コツがわからず。経験あるのみか。



↑ PAGE TOP