アルファーで山登りを始めましょう!

アルファーフォトアルバム

フォトアルバム一覧に戻る

【夏合宿】剱沢定着その2

2016年8月11日~2016年8月14日

つづき

撮影者:鈴木(琴)

フォトアルバム写真
雪渓は小さいものの、急斜面でぐずっていて、非常に厳しい道。出発直前に、12本アイゼンをやめて軽アイゼン(というかわたくしはチェーンスパイク)に変えてしまったことがたいへん悔やまれました。ワタクシ、3回ほど滑落しました。バイルで滑落停止して助かること2回。あとの1回は・・・

フォトアルバム写真
雪渓が終わると、ザレザレの道。はるか向こうにいるのが菅沼さん。わたしはヨチヨチと皆様から遅れること甚だしく。

フォトアルバム写真
ようやく熊の岩に到着したのは8:45ごろ。長かった。

フォトアルバム写真
むかうCフェースアップ(ど真ん中)。予習で、写真で何度も見たけど、そのスケール感は実物をみるまで実感できていませんでした。

フォトアルバム写真
Cフェースの基部まで、この雪渓とザレ道をトラバースしなければイケナイのです。

フォトアルバム写真
で、我々は、もうすでに「何か」を予感して、水を作っています。熊の岩も今年は水がとれず、雪渓を掘ってきれいなところをすくって、なんとか2L作りました。

フォトアルバム写真
で、用意をととのえ、Cフェースを11時半ごろから登り始め。1ピッチ目はわたくしがリードさせていただきました。ちょいランナウトぎみだけど、ゆるスラブだから安心。

フォトアルバム写真
峰ちゃん

フォトアルバム写真
菅沼さん

フォトアルバム写真
その後は、主にミネタ氏がリード。

フォトアルバム写真
別パーティとのからみも少々あった結果、Cフェースを登り切ったのは15時頃でした。

フォトアルバム写真
このあと、Ⅵ峰のDフェースの頭を越え、懸垂し、Ⅶ峰を越え、八峰の頭へ、という縦走が待っているのだけど、すでに時間が・・・。ビバーク地を探さないと。

フォトアルバム写真
で、ちょと進んでみたものの、やっぱり戻って、Cフェースの頭とDフェースの頭の間にあるスペースにビバーク決定しました。まじですかー、やー、わかってましたけどー、的な。いえ、体力なくて先に進めないのはオレら(主にオレ=鈴木琴)のせいです、さーせん、的な。

フォトアルバム写真
「何か」に備えてストーブとコッヘルは持ってきてました。



↑ PAGE TOP