アルファーで山登りを始めましょう!

アルファーフォトアルバム

フォトアルバム一覧に戻る

八ヶ岳大同心稜~赤岳

2016年8月5日~2016年8月6日

「八ヶ岳で無雪期に一人で行けるバリエーションルート」ということで教えてもらった大同心稜ルートでした。
クライミング的な要素は2箇所のみで、Ⅱ級といったところでしょうか(実は級はよくわからないけど、要するに困難さは感じない感じ)。
アプローチで1回、登るルート探しで1回、ルーファイミスでロスをしましたが、困難なくルート回復しました
横岳まで登るのに鉱泉から2時間でいけるというのは非常にラクチンでした。

撮影者:鈴木(琴)

フォトアルバム写真
めざす大同心のシルエット。

フォトアルバム写真
アプローチはそこそこの急登。この尾根に乗る前に、大同心沢を登りすぎるというルーファイミスをしでかしました。

フォトアルバム写真
大同心基部のテラス。支点もありました。ここで、念のためのヘルメットとハーネス装着。

フォトアルバム写真
大同心を右へ巻きますが、道が細くて切り立っています。ちょっと注意。

フォトアルバム写真
第一の登りポイント。

フォトアルバム写真
第一のポイントを登ったら右(小同心方面)に向かわねばならないところを左側の大同心直下に登ってしまうという第2のルーファイミスをしでかしました。写真向かいのクラック側までトラバース渡り。

フォトアルバム写真
ここが第2の登りポイント、真正面のフェースも登れるらしいけど、一番左側のチムニーが弱点。

フォトアルバム写真
これがそのチムニー。ちょっとだけステミングで登る。

フォトアルバム写真
登ったら、大同心の横顔が見えました。頂に立ってきました。

フォトアルバム写真
で、硫黄岳-横岳間の稜線に登ります。

フォトアルバム写真
横岳で記念撮影。

フォトアルバム写真
赤岳に向かいます。

フォトアルバム写真
見事な青空でした。

フォトアルバム写真
帰りに、美濃戸口に新しくできた「J&N」というB&Bで入浴し、パニーニ&ビールで一人打ち上げでした。パニーニがめっちゃウマウマでした。



↑ PAGE TOP